自動車買取

車の下取りと車の買取の違い

車の下取りと車の買取の違いが良く分からない方もいらっしゃると思いますが、下取りとは古い
車をただ売るというだけではなく、その販売店で新たに車を購入する場合に、もともと所有して
いた車を査定してもらい売ってもらうことを指します。

車下取りのメリット、デメリットは?

下取りのメリットは、車を売ることと買うこととが1つのお店で完結できる、値引きできない分を下取
り額で多少なりとも補填してくれる場合があることです。
デメリットは、買取店で高い査定がついたとしても、その査定額に合わせてくれることはほとん
どない、人気車種や装備などの場合でも高く評価されにくいことです。

下取りはどんな人が向いているのか?

下取りは、時間がなくて余計な手間がかからないようにしたい人や、毎日車に乗っていて車に乗れ
ない期間がないようにしたい人に向いています。
ただし下取りは最終手段にしたがいいです。

車の買取とはどういうこと?

買取とは、車を購入するしないにかかわらず車を買取業者などに売ることです。
買取のメリットは、人気車種や装備などの場合、そういった部分を反映してくれる、複数の買取
業者で査定依頼をすることで最も高い査定額を引き出すことができる、人気の高い外車などは高
額な査定が出るケースもあることです。
デメリットは、売却する時期によっては査定が低くなるケースもある、オンライン査定の場合は、
買取業者からの連絡が直接入ることです。
買取りの場合は、現金が手に入り、パーツごとに査定が行われます。買取りとは、パーツごと・
車ごとの人気度によって値段が決まります。
買取の方が高い価格が提示されることが多いようですね。

今の主流派下取り?買取?

一昔前では、それまで乗っていた自動車は、新しい車を購入する販売店で 下取りをしてもらう
のが一般的でしたが、現在は、自動車買取店で査定して買取してもらう方が一般的になっています。
下取りよりも自動車買取専門店の方が高く買取してくれます。
新車ディーラーなど販売店は、車を販売することが中心業務で、下取りは付随業務的なものになっ
てしまいます。
それに対して、自動車買取専門業者は、買取りをした自動車を自社や系列の中古車販売店やオー
クションなどで売却をすることで利益を上げています。、
買取りをしなければ売る商品がないので利益も得られません。
手間がかかっても、少しでも今乗っている車を高く売りたい人、損をしたくない人には買い取り
のほうがおすすめです。