自動車買取

自動車税とは

自動車税とは、自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する道府県において、その所有
者に対して課される税金のことです。

 

金額は、自動車の種類や排気量などによって決まっています。

 

自動車を所有していると毎年自動車税の納付書が送られてきます。
自動車税はこの自動車税納付書を利用して金融機関やコンビニで納めることになります。

 

自動車税納税証明書は、車検の継続検査や車の売却による名義変更などに用いられ大変重要な証明書です。

自動車納税証明書を紛失した場合には

普通自動車、小型自動車で紛失した場合は、自動車税を納めた都道府県にある税事務所にて、必
要書類に記載し窓口に提出すれば再発行してもらえます。
軽自動車の場合は市役所で再発行してくれます。

 

車検証と印鑑が必要です。引越しした場合などは、引っ越し前に住んでいた住所を管轄している
税事務所で再発行してもらわないといけません。

 

郵便での手続きも可能ですので紹介します。
申請書を自分で作成し申請する方法と車検証のコピーで申請する方法があります。

 

まず申請書を自分で作成し申請する方法は、税務署のホームページにフォーマットがありますので、
プリントアウトするか、手書きで作成、記載したものと、郵便番号・住所・氏名を書いた、切手貼済み
の返信用封筒とを同封して郵送します。

 

車検証のコピーで申請する方法とは車検証をコピーし、余白の所に自動車税納税証明書の再交付
をして下さいと記入し 郵便番号・住所・氏名を書いた切手貼済みの返信用封筒を同封して郵送す
る方法です。

車検証を紛失してしまったという場合

車の売却を考えていて査定依頼したいが、車検証を紛失してしまったという場合についてお伝えします。
まずこのままでは車の売却や名義変更などできないので、車検証を再発行してから査定依頼しましょう。

 

車検証をなくしたり破損した場合は、ナンバープレートを管轄する運輸支局で再発行の手続き
出来ます。必要書類は、窓口にある申請書、身分証(破損の場合は破損した車検証)、手数料納付書
(手数料300円、用紙代100円程度)、認印の四つが必要です。

 

代理人に依頼する場合は、別に理由書、委任状が必要です。
車検証は、常時車内に入れておくべき書類で、ないと法律違反に当たるので注意しましょう。