自動車買取

車を売る際の名義変更に必要な書類について

車を売る際の名義変更の手続きには下記のような書類が必要です。

 

自動車検査証(車検証)
自賠責保険納入証明書(自動車損害賠償責任保険証明証)
自動車納税証明書
(軽自動車の場合)軽自動車納税証明証
譲渡証明書
住民票(印鑑登録証明書に記載されている住所が異なる場合)
所有権解除書類(車のローンが残っている場合)
3ヶ月以内の車所有者の印鑑登録証明書
預託済み(支払済み)のリサイクル券等

 

自動車検査証(車検証)は、国土交通省の定める自動車検査(車検)に通った際に交付される証書
のことで、公道を走る際に必ず携帯していなければならない書類です。
車検が残っている場合や一時抹消登録(廃車)していない場合、自動車検査証(車検証)は必ず
必要となりま。紛失、盗難等でない場合は運融支局(陸運局)で再交付してもらう必要があります。

 

自賠責保険納入証明書(自動車損害賠償責任保険証明証)は、車を公道で走らす際に必ず加入しな
ければならない自動車保険(強制保険)の加入証明書のことです。
車検時に自賠責保険にも加入すると思いますので、車検が残っている車を売る時(名義変更手続
き)には必ず必要となる書類です。
紛失等している場合は、加入している保険会社に連絡して再交付してもらう必要があります。

 

自動車納税証明書は毎年、4月1日現在に運輸支局に登録されている自動車(軽自動車を除く)所
有者に対して課税される自動車税を納付したことを証明する書類のことです。
自動車税は毎年5月中旬以降に納付書が送付されてきますので、納付した場合は大切に自動車納
税証明書を保管しておく必要があります。

 

軽自動車の場合は、軽自動車納税証明証が必要です。
車を売る際に必要となる譲渡証明書に捺印するために、売却時には車所有者の実印が必要で、印
鑑が実印であることを証明するため発行3ヶ月以内の車所有者の印鑑登録証明書も必要です。

 

譲渡証明書は、車を譲渡、名義変更する際に必ず必要となる書類のことで、中古車買取専門店や
下取りに出す場合はディーラーや買取業者が用意してくれていますので自分で特に用意する必要
はないですが、個人間で車を売買する場合は運融支局(陸運局)で交付してもらう必要があります。
また、車検証に記載されている所有者などの住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所が異
なる場合は、本人同一性の確認のために住民票が必要です。

 

ローン(クレジット)で車を購入し、車検証の所有者の欄が「ディーラー・販売店・ローン会社」
などになっている場合は所有権解除書類が必要ですので、ディーラー、販売店などに連絡して所
有権解除書類を用意してもらってください。

 

車の名義変更は所有者が行うことが原則ですが、車を売る相手が中古車買取店やディーラーの場
合は、中古車買取り店やディーラーが名義変更を行うことが多く、名義変更の代行を依頼したこ
とを証明するために委任状が必要です。
委任状は中古車買取り店やディーラーが用意してくれるので、委任状に署名捺印(実印)すれば
良いだけです。

 

あとは、預託済み(支払済み)のリサイクル券、車の売却金が振り込まれるご自身の口座番号、
相続に関する書類(相続などで他人名義の車を売却する場合)が必要です。