自動車買取

自動車査定前に修理するべきか?しない方がいいか?また社外パーツは?

自動車査定前に修理するべき?しない方がいいか?気になる方もいると思いますが、
大きな傷やヘコミは直す必要はありません。多くの場合は修理代金の方が高くついてしまいます。
買取業者(ディーラー)などは自社整備工場などで安く修理できます。
小さなキズが複数ある場合は、市販の補修ペイントやタッチペン・コンパウンド(研磨材)などで
補修するといいかもしれないです。

 

自分で取り付けた社外品(カーナビ・アルミホイール・エアロパーツ・サスペンション・マフラー
・ハンドルなど)は物によってプラス査定に繋がることもありますが、逆にマイナス査定になる
こともあります。

 

サンルーフ、エアバッグ、電動スライドドア、純正ナビ、ナビ、フロアマット、サンバイザー、シート
カバーなどはプラス査定になりやすいオプションです。ディーラーより中古車買取業者のほうが
高く買取してくれる可能性が高いです。
自分で取り付けた社外品がプラス査定になるのは、有名メーカーの社外品か、取り付けた社外品
がその車に合っているかどうかです。

 

車検に通らないようなチューンアップ、取り付けた社外品がその車に合っていない(センスが悪
い)、社外品を取り付けるために車両本体、社外品にキズなどを付けてしまっているなどはプ
ラス査定にはなりません。純正品があればプラス査定になる可能性が高くなります。

 

パーツだけを中古として高額に売れますので、取っておいて下さい。中古で買い取る業者やオー
クションもありますので、処分しない方がいいですし、新たな車にも付けられるかもしれません。

 

社外パーツをこれから取り付けようと思っている人は、純正品パーツを必ず手元に残しておきま
しょう。純正品パーツを保管する際は、将来的な査定対象になるので、なるべく大事に保管して
おくようにしましょう。